プロフィール

Author:扇智史
リンク/アンリンクはフリーです。
ご連絡はonly.gizmo*gmail.comへ(アステリスクを小文字アットマークに変換してください)お仕事の連絡大歓迎です。それ以外の見知らぬ方からのメールに対しては基本的に返信等できかねますのでご了承ください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

余生
何事モ十年デス。アトハ、余生ト言ツテヨイ。(太宰治『右大臣実朝』)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の芝生は緑
「みみっく!」買いました。
何か楽しそうだなあいいなあなどと思わなくもないですが、まあ企画が出たとしても私が呼ばれるわけもないか。混ざりたかったら自分で立ち上げるべきですね。
せっかくとらに行ったので同人誌とか眺めたのですが、低テンション(黒が見えるくらい)だったのでいまいち食指が動きませんでした。音楽界隈とか熱そうですよねー。
年の瀬ですね
今年はまるきり仕事してなくていよいよ申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただまあ、このようなごく潰しが曲りなりにも生きていけるあたり、まだまだ日本は豊かな国なのだと思います。
だというのに、これまで出した本を改めて読み直してみると、どうしてこう悲劇や惨劇や絶望ばかり書いてきたのかと陰鬱になりますね。もしも奇跡的に小説を書ける機会があるならば、次はもっと幸福な話を書きたいと思うばかりです。
これより先、皆様の頭上にかぎりない幸福が降りそそぎますように。

んじゃ良いお年を。
こういう類の更新が増えてくるとブログは自然停止します
PCが壊れたり直ったりしていたこともありすっかり間が空いてしまいました。
この名前で書く必要のある情報はとりあえずないのでした。
一応
作家さんのブログって頻繁に更新してるか頻繁に本を出すかその両方だと思うんですが、私の場合は本も出ないし更新も多くない。もう最近は自分が何者なんだかわからなくなってきましたよ。
だいたい記事を書こうにも更新する材料がないですよね。みんなよく素材があるもんです。ああいうのリア充って言うんですよねきっと。

と、ちょっと妄想のすぎる感じでとりあえず更新。体調が狂い気味でなかなか元気も出てきません。この時期はエアコン使うべきタイミングを見極めるのが逆に難しいと思うのです。
私信的なもの
世間がSC4とかで湧きかえる中、ジオメトリウォーズ2を遊んだりBraidを買うかどうか苦悩する今日この頃。結局バイオニックが13日に出るみたいなんで悩ましいんですよねえ。そしてそのすべてがレギオン待ちにすぎないという贅沢さ。箱○はいいハードですねえ。

そんな昨今ですが、ちょいと今週末に東行きの予定が出来ました。ここを見ていて暇な関東方面在住の知り合いの方はよろしければ連絡ください。
ほったらかしすぎ
あわわ、スポンサーサイトが出てる。あわてて更新。

公式で告知されてます通り、ファミ通文庫が10周年だそうで。
私めもお祝いのコメントを送らせていただきました。私なんぞに頼んでくるくらいなので、けっこう多方面にコメント依頼してるんじゃないですかね。思わぬ人がレーベルと関わりあって驚きそうな予感。
閉鎖系でかかわりあういろんなものたち
いちおう死亡説が出ない程度の頻度は保てているつもりですが、実のところ書かずにいた方が誰かが心配してくれそうな気もするのでそれもありかもしれないなあ、と思います。親の気を引くためにぐずる子供の思想ですね。

例によって最近の動向ですが、本を読んだり動画を見たり律子をプロデュースしたり十字キーの配置がありえなさすぎて斑鳩を二面もクリアしないままほったらかしたり律子をプロデュースしていたらACアダプタが壊れたので交換してもらったり部屋の湿気にうんざりしたり律子をプロデュースしたりしていました。かんたんにまとめるとXBOX360を買って律子をプロデュースしていました。
やはり自分でプロデュースした律子を眺めるのは格別のよさがありますね。知人に言わせると”液晶モニタにつないだらこんなもんではない”らしいですが、残念ながら置き場所がありません。
ていうかウチのパソコン周りはいい加減抜本的に改善したほうがいいような気もするんですよねえ。ここ数年椅子が合ってなくて無駄に肩がこってる気がするんですよ。ただ今の椅子は周囲に文庫と雑誌の山を積んでいてもぎりぎり置ける程度の小ぶりなやつで、バージョンアップするにはありえない勢いの片づけが必要になるので二の足を踏んでいます。なんかのひょうしにあぶく銭が入ったら、デスクと椅子とモニタを新調して、律子を愛でるついでに仕事の効率を上げたいものです。優先順位は合ってますよね?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。