プロフィール

扇智史

Author:扇智史
リンク/アンリンクはフリーです。
ご連絡はonly.gizmo*gmail.comへ(アステリスクを小文字アットマークに変換してください)お仕事の連絡大歓迎です。それ以外の見知らぬ方からのメールに対しては基本的に返信等できかねますのでご了承ください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

余生
何事モ十年デス。アトハ、余生ト言ツテヨイ。(太宰治『右大臣実朝』)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今電コ11話・簡略
大黒市の女の子はサディストばかりだ! 11話水没篇。
サハリ町の平和を守るのに忙しいので、今週の感想は簡略に行きます。

作画的にはものすごい充実ぶりでしたね。私でも知ってる有名アニメーターてんこ盛り。トリッキーなレイアウトやらゆらゆらな水エフェクト満載で、実に素敵でした。

お話としてはまあ余話ですね。特撮みたいな雰囲気でした。マンモスフラワーというか。それにしちゃ一般市民は関知してなくて、その辺の世界観のバランスが面白い。
ダイチとフミエの関係性は何とも微妙に動いてるような動いてないような、もどかしいですな。ラストのダイチの哄笑をどう解釈するかでしょうけど、個人的にはダイチはプライドを喪って嘆いているように思えます。次回の発毛話で成長するまでの溜めと見ますが、どうなのかな。
それにしてもフミエはダイチには薄情ですな。期待とか嫉妬とか、いろいろ複雑な側面がありそうですが、彼女は自覚してないんでしょうねえ。フミエの成長譚がうまく嵌まるとまた面白そう。

本筋と関わらないあたりで面白そうなネタはポツポツ見え隠れしてますね。
今週の影の主役はオバちゃんか? 探偵局弐番としての彼女の活躍だか何だかについては過去の因縁と絡んでいろいろ出てくるに違いないんですが、それよりもギャグキャラとして暴れ回りすぎ。空間管理局の客員顧問という肩書きのどこをつついたら逮捕権が出てくるのか全く見当がつかないんですが、ガチで信じてる子供たちはやっぱりバカばっかだと思います。
京子は謎。古い空間を見つけ出す能力は単なる小ネタか伏線か。小此木の人間(母以外)がみな電脳空間に特異な関わりを持っているあたり、何かあってもおかしくはないですけど。

つうかハラケンが出てこないとヤサコも話に絡めなくて本編が進まんねえ。今週はイサコも空気だし。次回も番外っぽい。どこの毛が生えるのやら。

小説版についてもひとこと言っとくと、あれは完全に別の話として楽しむといいと思います。意識してずらしてそうな設定もありますしね。単体としてみたらとても面白いですが。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。