プロフィール

Author:扇智史
リンク/アンリンクはフリーです。
ご連絡はonly.gizmo*gmail.comへ(アステリスクを小文字アットマークに変換してください)お仕事の連絡大歓迎です。それ以外の見知らぬ方からのメールに対しては基本的に返信等できかねますのでご了承ください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

余生
何事モ十年デス。アトハ、余生ト言ツテヨイ。(太宰治『右大臣実朝』)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の電脳コイル(8話)
「ダイチ君」だってさ。はははは。まあ細かいことは気にせずに、8話夏祭り篇。

小学6年生な純情と鈍感と中途半端な大人び方が入り混じる、いかにもノスタルジックという話。男子勢が全般的に性欲を持て余し気味で女子が揃ってその気がないというのが、何というか狙いすぎな気はしますけどね。
話の流れを見ると、前半は大人たちが大人たちの論理で動き回りつつ、後半は子供たちが子供たちの論理で遊び回るというきわめて対称的な構造の展開でした。話の主題として、ダイチが大人びた恋愛感情と子供じみた戦いの原理に揺り動かされるというのがあるわけで、それを話の構造自体が背景として演出していると言えます。ただ実のところ、ダイチの行動を制御しているのが、子供の世界から半歩踏み出したイサコであり、その侵入を阻止するためにあえて子供の側に立つ決意を固めた、という思考プロセスが面白いですね。
イサコは今のところ、どちらかといえば大人の側に立っているようにも見えます(しばしば連絡を取っている何者かの存在ゆえに)が、少なくともオバチャンなどは彼女を敵と見なしています。彼女がいるのは大人と子供のはざまであり、おそらく「あっち」と呼ばれる世界に象徴されるものでしょう。この三つの世界観がぶつかり合うような微妙な世界構造が、電脳コイルという作品の基本となっています。
今週の話があのような構造で機能するのは、ダイチの視点から見てイサコがいるのは「子供ではない」所であり、彼がそれを判別する術を持っていないから、と考えられます。父親やイサコといった外部からのプレッシャーは、ダイチにとっては「子供の世界」=「フミエと一緒に楽しむ祭」を侵害するものであり、”果たし合い””大っ嫌い”という子供の言葉を使うことでしかその世界を保てなかった、というわけ。

さて主役であるはずのヤサコは着々とハラケンフラグを立てております。他人の色恋には敏感なのに自分のことに鈍い、というストーリー的に都合いい女の子って現実に存在するものなんでしょうかね? 若い女の子の気持ちはさっぱりわかりません。
まあハラケンのおかげでヤサコもだんだん本筋に絡めそうな気配です。彼女もいまいち大人と子供の間でふらふらしている印象で、きちんと「あっち」を踏み台にして成長するんでしょうけどね。イリーガル化したカンナの嫉妬で呪殺されないように気をつけてほしいものです。いやそんな話ないでしょうけど。

ともかく次回は果たし合い。夜の学校で肝試しとは何とも何ともなシチュエーションですが、一筋縄ですむかどうか。

電脳コイルガイドブック 電脳コイルガイドブック
(2007/06/30)
徳間書店
この商品の詳細を見る


↑ガイドブック発売されましたね。アマゾンから届く前に店頭で見かけたんでぱらぱらめくりましたが、すごい勢いで9話がネタバレされていたのでのけぞりました。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。