プロフィール

扇智史

Author:扇智史
リンク/アンリンクはフリーです。
ご連絡はonly.gizmo*gmail.comへ(アステリスクを小文字アットマークに変換してください)お仕事の連絡大歓迎です。それ以外の見知らぬ方からのメールに対しては基本的に返信等できかねますのでご了承ください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

余生
何事モ十年デス。アトハ、余生ト言ツテヨイ。(太宰治『右大臣実朝』)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚媛浦女、崖に上りて人と生る事
今は昔、浦女と云ふ魚媛有けり。
本は海底にて海法師藤本の子なりけるが、陸に上りて宗介なる児と会ひ見て之を恋ふ。藤本之を怒りて浦女を海底へ連れ戻しけり。浦女、宗介への想ひ已まず、外法の水を得て魚人と変じ、海嘯を伴ひて陸に上りけり。宗介の村、並べて水に沈み、人皆困窮す。藤本、女と共に法を行ひ、浦女を人と生す。水引き、村ふたたび平穏なりけり。浦女、外法を失ひて、宗介を夫とす、となむ。
(「吟藉物語集」巻五五より)

……即興で作ったので文法とか単語使いの誤りにはご容赦。気になったら突っ込んでください。
どっかの説話集の捏造本文として捩じ込んでみたいですね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。